洋楽レビュー:Beatles2

A HARD DAY'S NIGHT

洋楽;ハード・デイズ・ナイト

日本では「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」というものすごい邦題がつけられているビートルズ3枚目のアルバムです。ビートルズが初主演した同盟映画のサウンドトラックという側面も持っていてサントラパートがA面に、その他の新曲がB面に収録されています。

 

全曲オリジナルの楽曲で、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共同名義であるレノン=マッカートニーの作品で占められています。すべてが、自作自演の曲だけで構成されているとうことから、当時のポップスに於いては画期的な作品だったといえるでしょう。

 

サウンドの特徴としてはヴォーカルでダブル・トラックを効果的に使用していたり、パーカッションの音が増えている、12弦ギターを使用しているなど音に厚みが増したいんしょうがあります。デビューの頃に比べると、詞も変化していて比喩表現をうまく使っていたり、叙情的な雰囲気があったりと幅が広がっています。

 

名義はレノン・マッカートニーですが、実際には多くのナンバーがジョン・レノン作であることから、特にジョンのファンに人気の根強いアルバムになっています。とはいえ曲によっては、リード・ヴォーカルの低い音程の部分はジョン、高い音程の部分はポールと分け合って、息の合ったボーカルを聞くことができる、初期の名盤の1つといえます。

Rubber Soul

洋楽:ラバーソウル

ビートルズは6枚めのこのアルバムから、発売される作品はすべてオリジナルに切り替え、完全にアイドルから脱皮しました。このアルバムはビートルズの音楽はうるさいだけだと決めつけていた人たちをも唸らせる改心の作品となっています。アルバム・タイトルの由来は、本場のブルースマンが、当時のブリティッシュロック界を牽引していたローリング・ストーンズを偽物の音楽として揶揄した「プラスティック・ソウル」という言葉から発想をえたポール・マッカートニーがつけたといわれます。

 

サウンド面での音の厚みや多彩さが顕著で生ギター、生ピアノを使用して全体的に統一感があり、おちついた雰囲気に仕上がっています。アレンジも、キーボードからパーカッション、さらにはインドの楽器シタールをジョージ・ハリスンが初めてポピュラー音楽に取り入れるなど、かなり斬新な音作りが、みられます。コーラス・ワークも独自のものを確立しており、詞の面でも、ジョンの内省的な世界感が全面に出されていたりと大きな変化が見られます。影の薄い印象のあった、ジョージ・ハリスンもこの時には、ビートルズ・サウンドの一翼を担うまでに成長しています。

 

このアルバムのすばらしい所は、今聞いてもまったく色あせない魅力をもっているところで常に新鮮な発見をもたらしてくれるところでしょう。また、ジャケットのコンセプトもアルバム・タイトルも4人が考えており、これまであまり社会的地位を確立していなかったポピュラー・アルバムの概念を一挙に変えたビートルズを代表する作品です。

おすすめWEBサイト 5選

水素 サプリ
胡蝶蘭専門店はこちら

2017/9/15 更新